ほかのページに移動

春を待つ、切ない想いに包まれたときに

289a6d4ef153c23acd5eb8c561e4da7c2月,3月と、女性のためのワークショップをbrisaで開催させていただきました。
女性とは本来どのような存在なのかを、生物的に、神秘的に、霊的に、掘り下げて再発見していく3回コースのワークショップです。参加者のみなさんと様々な宿題やワークを交えて、分かち合っていきます。
今回は、最終回に、参加した美しい女性たちの写真を、スライドショーにしてプロジェクタで上映。
みなさんのお写真の間には花の写真や、イメージのつながる写真を入れました。(BGMは『She』映画「ノッティングヒルの恋人」で使われた曲です)
これも、そのうちの一枚です。オーストラリアのシュタイナー関連の本屋さんで購入したポストカード。暗くなった森の中で、少女はキラキラ輝く葉っぱか星かを集めています。季節は冬かもしれません。枝には葉がなく、フクロウがとまっています。遠くには十字架の丘も。誰か亡くなったのでしょうか?
少女に降り注ぐ光は、見ている者の心も優しさで温めます。誰かが、どこかで、私たちのことをこうして見守ってくれているのです。孤独で淋しい夜も、運命に見捨てられているかのように感じるときも。
もうすぐ春なのに、まだ肌をつらぬく寒さのあるこの時期は、心も縮こまりがちに。
心はなにかを求めているのに、それがなんだかわからないような、切ない気持ちになります。
そういう時は、フラワーエッセンスを試してみて下さい。エッセンスに使われている花の写真(フラワーカード)を眺め、気になるものを選びだし、その説明を読んで、一本にしぼり入手します。
毎日、朝夕そして夜に、6、7滴を口中に垂らして飲みます。暖かなお茶や、お水に垂らしても。途中で忘れる日があっても良いので、無くなるまでじっくり飲み続けるのがコツです。春に向けてきっと、私たちの心の中にも黄金の光が舞い降りてくるはず。スカートを広げてそれを受け止めましょう。
植物のやさしいチカラは、私たちをいつも、どんなときも癒してくれます。

このポストカードはGabrila de Carvalhoさんによるイラストです。

共有する

Facebookでも新着情報を確認

ページの上部へ戻る