キーワードは「しっとり」「ふさふさ」

IMG_0846_2

とうもろこしが出回り始めると「夏がすぐそこまで来てる!」と感じます。麦・米と並んで世界3大穀物のとうもろこし。とうもろこしを主食にしている地域もありますね。目的別に開発された品種は世界で数千種にもなるそうです。主食になるぐらいですから、主な成分はカラダにエネルギーを与える炭水化物。でもそれ以外の栄養もたっぷりなんですよ。食物繊維とマグネシウムは腸内環境を整えます。不飽和脂肪酸のひとつであるリノール酸には、コレステロールを下げる働きがあり、動脈硬化の予防に役立ちます。リノール酸は必須脂肪酸という重要な成分ですが、カラダの中で作れない(=食べ物からとらなければならない)成分です。とうもろこしで美味しくとりたいですね♪

とうもろこしは鮮度が低下しやすく、収穫後1日で糖度が1~2%も落ちてしまいます。「お湯を沸かしている間に収穫せよ」と言われるほど、鮮度が重要なんです。スーパーで「朝採れ」のものが並んでいたら買い!です。皮の色が濃い緑色のものを選びましょう。注目はひげ根。濃茶色のものが完熟しています。ひげ根は実の1粒に1本ついているって知ってましたか? ひげ根が多い=粒が多いというサインです。また、収穫したてのひげ根はしっとりしていて、時間が経つにつれて乾燥します。ひげ根がしっとり、ふさふさしているものを選びましょう♪

共有する

Facebookでも新着情報を確認

ページの上部へ戻る