ほかのページに移動

フラワーエッセンスコラム の記事一覧

このコラムは 故・ホワード七歩子さんが、brisa libreriaのために書き下ろしをして下さったコラムです。

2014年10月13日永眠されてしましたが、このbrisa libreriaで本当に数多くのイベントを開催して下さり、いつも「とてもいい気が流れている場所ですね」と愛してくださいました。つないでくださった人と人、人と自然との縁は、いまもここで、つながりつづけています。私たちも尽きせぬ感謝をささげます。

2015年8月に入ってから、七歩子さんの夢をよくみるようになりました。今でも側にいて下さる気がしています。このメッセージは七歩子さんからの愛とたからもの。 大切に守り、いだき、歩んでいきます。

brisa libreria代表 元木忍

故 ホワード 七歩子(ホワード ナホコ)

目には見えないエネルギーの流れを読みとり、その人のスピリット(本質)にまつわる情報を伝えるカウンセリングを行う。
人と自然の間にある絆をテーマに、フラワーエッセンスやネイチャー・スピリットに関するワークショップや講座を行っていた。

フラワーエッセンスコラム

植物からの語りかけ

2013年11月28日

brisa libreriaで行っている講座「フラワーエッセンスの世界」は、二回ワンセットなので、みなさんがエッセンスを飲んでからどう変化したか、感じたかを、二回目の講座で分かち合えることが、いつもとても楽しみです。自分 […]

フラワーエッセンスコラム

小鳥の雨宿り

2013年11月25日

brisa libreriaさんのホームページがステキにリニューアルしたので、振り返ってみたら、フラワーエッセンスコラムを書き始めた3月から、これが15番目くらいのコラムでした。 それらの写真のほとんどは、タスマニアに住 […]

フラワーエッセンスコラム

緑の花のもつチカラ

2013年10月23日

ヴァインのエッセンスは、葡萄の花から作られます。あの美味しいフルーツのブドウやワインを生み出す葡萄の花は、ほとんど目立たないくらい小さいみどり色の存在です。 花は、植物にとって命を継ぐための重要な生殖器官ですから、本来は […]

フラワーエッセンスコラム

自己存在の見えない核

2013年9月30日

満開のスィートチェスナットの木。今年訪れたロンドン郊外のキューガーデンで。 何度もバイタリティあふれる花を見させてもらえ喜びひとしおでしたが、実際にこのエッセンスを飲むことになるとそういうわけにも行きません。自分ではたい […]

フラワーエッセンスコラム

ハートの奥の憧れを再び目覚めさせる野生のバラ

2013年8月25日

バッチ博士の38種の中で、晩年に作られたシリーズ「セカンド19」の一つワイルドローズ。 こんなにはかない美しさをグツグツ煮出してそのエッセンスを取り出すとは、なんだか抵抗を感じます。(煮出すのはボイリング・メソッドと呼ば […]

フラワーエッセンスコラム

レイラインの交点、グラストンベリーから見た景色

2013年8月20日

世界的に有名なイギリスのパワースポット、グラストンベリー。 パワースポットという呼び方自体はなんだかオモチャみたいですが、実際にその地に立つと、ほんとに様々なエネルギーラインが交差しているのが分かります。 この写真は、そ […]

フラワーエッセンスコラム

人生の深い暗闇から、光へ再誕するとき

2013年8月1日

ウェールズの旅で出会った木々、第三弾はスィートチェスナット。野生の栗の木。大きく育つ長寿の木。1000年を超えることもよくあるそうです。 バッチ博士がその生涯をかけて完成させたフラワーエッセンス38種の内、最後に作られた […]

フラワーエッセンスコラム

森の王 オークの並ぶ道

2013年7月20日

前回と同じくウェールズの南カマーゼン地方の公園で出会ったオークたち。人々に守られ大切に管理されている森は、そこを歩く私たちに対しても親しみ深いエネルギーで迎えてくれます。 この5~6本並ぶオークたちは、この森を案内してく […]

フラワーエッセンスコラム

アーサー王伝説の土地、イギリス、ウェールズから

2013年7月20日

36種の木々のオラクルカード、Tree Angel Oracleの著者フレッドさんに会いに、ウェールズに行っていました。アーサー王物語に登場する預言者マーリンの生まれた土地カマーゼン地方まで。公園といってもまるで森のよう […]

フラワーエッセンスコラム

雌花のみ使うウォーナット(オニグルミ)

2013年7月1日

~胎児を抱く母になる花のチカラ~ 諏訪の水源を訪れた5月に出会ったウォーナットの木。和名でオニグルミ。 何よりインパクトがあったのは、このクルミの木になまめかしく絡まりつくアケビの蔓(つる)とその魅力的な花。 柔らかく開 […]

ページの上部へ戻る