ほかのページに移動

【お香】貴方だけの塗香と文香を創ろう 〜古代(いにしえ)の香りと共に〜

日時 2017年8月8日(火)
18:45~受付開始  
19:00~ スタート
定員 10名
金額 6,000円 (税込)
(内、材料費込 )
講師 斎藤さなえ
持ち物 筆記用具
主催 株式会社brisa libreria

ファイル_000 (19)

お香とは

和の香りのルーツは約2500年前のインド発祥の仏教にあると伝えられています。そして、日本にはおよそ1500年前に伝来されました。仏教では仏のための香として用いられてきましたが、日本では「安らぎ」であり「ときめき」であり、「リラクゼーション」であり、一方「遊び」でもあり「芸術」でもあるのです。

そして、祈りの香として大切にされながらも別にもう一つの素晴らしい世界を作り上げてもきました。千年以上前の平安王朝です。貴族たちにとって一年三六五日香りの暮らしの中で香は自己表現であり、香で愛を伝える時代でした。

匂いは「情動系」と呼ばれる大脳辺縁系に直接届き、人間の本能や感情と結びついた記憶と密接な関係があるといわれています。
五感の中で嗅覚と言うのは、他の四覚に情報を与え連動させます。人間の嗅覚に入った情報は人の五感力を覚醒させます。そして、幸福感を与えます。

不思議なものでその時に自分に必要な香りを自然に選んでいる気がします。
強さであったり、やさしさであったり、自分の味方になるような香りであったり・・・。
そして、味方になった香りを纏い私たちは前へ進んでいく気がします。

漢方の原材料でもある香原料は体にもよく、自分でも作れるものです。(皆さん驚かれますが)歴史のあるものですが、怖がらず日常に取り入れて頂きたいと思っています。

 

このイベントは終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました。
斎藤さなえ
斎藤さなえ

いつか香りのことを勉強したいと思っていたときに、アロマ講座の先生に「和の香り」の講座に誘われ参加する。アロマとは違った奥深い香りと同じ調合で全く別の香りになることに感動し、「薫物屋香楽 香司コース」に申し込みをする。
その時の体調で甘いと感じ、辛いと感じる心を大事にし、いつも自然で平穏な精神であり、力強く自分の味方になる香りを創りだすお手伝いをしていきたいと思っています。

2014年「薫物屋香楽 認定香司」として活動を始める。薫物屋香楽 お香体験会の講師を務める。
2015年 北区区民講座「和の香りを楽しむ」にて講師を務める 計4回 
2016年~北区お香サークル「いにしえのかほり」にて講師を務める

ホメオパス・クラニオセイクラルセラピストとしても活動している


共有する

Facebookでも新着情報を確認

ページの上部へ戻る